塩対応の自転車ライフ

AKB48の15期生である込山榛香ちゃんを応援しながら自転車を楽しむ人のブログ(故)

卒論書かずに卒業したい。

卒論が全然進まない。
自分でも何かいてるか分からない。
相談できる人もいないし、困ったもんだ。
毎日堂々巡り。

と言ってもマジメにやり始めて1カ月ちょっとなんだけどね。
あー、卒業できんのか?俺。

赤城練

8月3日
00:00フレッセイ(スタート)
12:40畜産
23:23旧料金
52:06姫百合
76:59新平坂
ここにスタート地点からフレッセイまでの2分を足して78:59。
なんとか80分は切ってギリギリ78分台。
昨年の本番が84分台だったので一安心。
1年前の試走の際は95分すら切れなかった記憶。
今回は暑くて汗が止まらなかった。ジャージが搾れる。
赤城のキモはやっぱり旧料金ー姫百合かも。ここの対策をせねば。

赤城の目標

8月に突入。今年も残すところ5カ月。早いなあ。

そういえば、無事グンマーの実家に帰ってきたよ。今日、引っ越し業者に預けた荷物が実家に届くはず。

昨日は早速、赤城山の試走へ行ってきた。といっても月曜だし、いきなり20kmも登りたくないし、ってことで旧料金所まで。その後畜産交差点まで下りて、また料金所まで。

31km走って627mUP↑。やっぱり群馬は良い。自転車乗りには最高の環境かもしれないと感じた。

東京では尾根幹とか小山田でアップダウンの繰り返しを数カ月こなした。とりあえずアップダウンで脚を鍛えておけばイケるっしょ!!って思ってたけど、赤城はそんなレベルでは歯が立たない。

今後は俗に言う””L4””とか””メディオ””っていうトレーニングを中心にやらなきゃいけないみたいだな。まあ赤城に行けば自然とL4になるから、赤城三昧不可避なんだけど。。。

とりあえず赤城山ヒルクライムでは75分切りが最低の目標。畜産から新平坂(ゴール地点)までを60分以内、スタートから畜産までを15分以内で走れば行ける。

文章にするのは簡単だけどな。最低でも週2は赤城かな~( ;∀;)(裏山なんだからもっと行けや!!)言い訳できない環境ですな、トホホ。。。

AKB48劇場「僕の太陽」公演に行ってきた

講義もない、就活もない。平日は2日に1日のペースで自転車に乗って尾根幹・小山田でトレーニング。時々卒業論文。休日も同じ。

「今月で東京での一人暮らしも終わりだし、来月からは地元に帰って赤城の試走できるし、、、。」程度に思いながらなんとなく1日1日を消化するだけの毎日が続いていた。「もしかしたら就活してた頃の方が充実した?」とか思ったりも。そんなはずはないのだが。

心のどこかで、このまま何もせずに地元に帰るのを寂しく感じていた。そこで東京での最後の思い出にと、AKB48の劇場公演に申し込んでみた。

 

今回申し込んだのは、夏休み限定で行われるリバイバル公演、「僕の太陽」公演。大場チーム4の代名詞ともいえる公演。そして何より、以前の1推しだった島崎遥香がセンターを務めた公演でもある(2011年~2012年)。今回はその「僕の太陽」をリバイバルとして復活させたのだ。ちなみにだが現在の推しメンである込山榛香は、7月下旬から始める「マジすか学園」の舞台に出演するため、稽古が忙しく今回のリバイバル公演のメンバーには選ばれていない。まあ実を言うとこのリバイバル公演、不人気メンがほとんどなんだよね(笑)

なんとなく当選する気がしていた。開演時間は平日の真昼だし、前回の劇場公演は3カ月前だし(自分の経験から、劇場公演は基本的に3カ月に1回程度のペースで当選する)。案の定、申し込んだ日の夜に当選のメールが届く。この時点で興味のあるメンバーと言えば、15期生の””なーにゃ””こと大和田南那くらい。向井地美音(総選挙13位)や推しメンの込山榛香(総選挙21位)の同期だ。なーにゃは推しメンではないものの、誰もが認める美少女で好きな方。ちょっと最近太ってきたけど(笑)

 

f:id:tsu1204:20160816164528j:plain

チケットは130番台。過去の経験から100番台~150番台は抽選入場で干されるイメージがある。200番台以降だと割と良い巡になる(笑)何故だろう。実際、昨年の12月に劇場に入ったときは210番台で5巡だったと思う。

抽選入場の結果、嫌な予感が当たってしまい見事に準優勝。優勝しなかっただけマシか?(笑)

席はもちろん立ち見。下手を選んだ。幸いにも自分の前にいる人たちの身長が皆小さく、自分も厚底の靴を履いていたのでステージは問題なく見ることができた。立ち見席に横幅のあるデブとか、やたら身長の高い奴がいると地獄である。特に女の子は可哀想。

 

しばらくして「僕の太陽」公演が開演。Mixを打ち終わってステージの幕が左右に移動し、メンバーが徐々に見えてくる瞬間が好き。

この日のセンターは13期生の””ゆいりー””こと村山彩希。総選挙は辞退しているが、人気はある方だと思う。ネクストとかアンダーに居ても全然おかしくないメンバー。個人的には好きでもなければ嫌いでもないメンバーだった。でもこの日、センターで踊る姿を見て少し気になってしまった。公演中にいつの間にか「あれ?こんな可愛かったか??」と考え込んでしまった(笑)実際、すごくセンターが似合っていたと思う。よく分からないけどバランスが良かった(本当に何言ってるか分からない)。このあたりは劇場公演に行かないと分からないものがある(ごまかしているようだけど、これはガチ)。劇場公演でしか分からないもの、見えないものって沢山あるハズ。

前から気になっていたなーにゃ。相変わらず太ってはいたが、それ掻き消すレベルの可愛さ。マジで痩せたら最強だと思った。誰も文句言えないレベル。でも今のままでもパフォーマンス自体(主にダンス)は全然イケると感じた。意外とキレあるんだよな。この辺も劇場に行かないと分からないと思う。大箱のコンサートでは絶対に気が付かないところに目が行くのが劇場。

他には、、、達家まきほ(ごめん漢字変換面倒だった)、田北かよこ(同じく)あたりが良かったかな。てか、達家まきほちゃん身長めっちゃ伸びたね。それでいて顔小さいからスタイル良すぎ問題ですわ。なんとなくだけど、同じく身長が結構伸びたチーム8東京都代表の小栗有以ちゃんと並んでほしい(笑)田北かよこちゃんはアニメキャラみたいだった、と思ったらこの日はラブライブのキャラに髪型を似せていたらしい。Twitterで判明。

 

と、こんな感じ。公演自体はRUNRUNRUNとか向日葵とかBINGOとか僕の太陽とか、本当に良い曲ばかりだった。どれも高校生の頃、塾帰りにリピートしてた曲。懐かしい思いに浸る一方で、時の早さを実感したあっという間の2時間でした。

ロードバイク用アイウェアを新調してみた【LAZER SS1】

新しいアイウェアとその他消耗品をまとめて購入しました。
今回はアイウェアのインプレ。

f:id:tsu1204:20160709144957j:plain


LAZERというメーカーの SS1 を買ってみました。
6000円ちょっとなので、比較的安いほうだと思います(サイトにもよる)。
本当は某海外通販サイトでローディー御用達のオークリーを注文したのですが、1ヶ月経っても届かなかったので問い合わせたところ、郵送事故として処理されてしまいました。そのため、改めて別の通販サイトでこちらの商品を購入。
ちなみにですが、某海外通販サイトから商品代金の返金として発行されたバウチャーの一部を、今回の消耗品に充てました。

LAZER SS1に決めた理由としては、
①ヘルメットがLAZERなので合わせてみよう
②レンズが1枚のタイプなのでかっこいい?
③ロットソウダルの選手も使ってる
④安い
といったところ。

実際にかけてみると、ノーズパッド?の位置もちょうどいい。しっかり固定される、でも痛くない。耳に掛ける部分が、これまで使っていたカブトに比べて短かったので落ちるのでは?と思っていたのですが心配なし。むしろこっちのほうが違和感なく着けられました。
注意点としては、面長の自分でも横幅がピッタリでこめかみの辺りがギリギリだったこと。丸顔?の人は横幅などをしっかりと考慮した方が良さそう??

レンズを通した路面の見え方はそんなに変わりませんでした。ただ1枚タイプなので今までよりは視界も広がったと思います。

交換用レンズは2つ。クリアとイエロー。交換方法に関する説明書がないので後で調べなきゃいけません。ハードケースと袋もついてきます。

と、こんなところです。

最近はレース会場を見渡してみるとオークリーの使用率が非常に高いですよね(笑)

そんな周りと被るのが嫌な人は試しに1本どうでしょう?

f:id:tsu1204:20160709145032j:plain

信州ツーリング1日目【八ヶ岳エコーライン~諏訪湖~ハルピンラーメン】

最寄り駅から3時間半ほど中央本線に揺られた後、信州ツーリングのスタート地点である小淵沢駅に着いた。
ホームからは北に八ヶ岳、南には南アルプスのアサヨ峰、駒ケ岳などが見える。

空気もひんやりとしているが、寒くはない。ただこの日は北風が少し強かった。

20分ほどで輪行解除し、さっそく出発。
と思ったがその前にお昼を食べることにした。

駅から1kmほど南に行ったところにある定食屋「お食事処 やまよし」にチェックイン。
昔ながらの大衆定食屋といった感じ。食べログの口コミによれば””がっつり食べたい人におすすめ””らしい。

とりあえず「からあげ定食」を注文。
白米(おかわり無料)、からあげ6コ、サラダ、味噌汁、おしんこ、冷奴で950円。食後はコーヒーのサービス。

30分ほど店内でゆっくりして2時にスタート。


まずは南に下ってみる。
この風景。

f:id:tsu1204:20160605154618j:plain

f:id:tsu1204:20160605154649j:plain

やっぱり北風が強い(笑)
でも左右に山、山、山。

f:id:tsu1204:20160605154725j:plain

f:id:tsu1204:20160605154911j:plain

しばらくすると八ヶ岳エコーラインの標識が。

f:id:tsu1204:20160605154842j:plain

広域農道っていうのか。
こんな土地で農作業できるの、良いっすね~。

八ヶ岳と一枚。

f:id:tsu1204:20160605154949j:plain


しばらく西に走るとメルヘン街道にぶつかる。
ここを北に行くと””麦草峠””があるらしい。先日、つむりさんが行った麦草峠だ。
でも今回はスルー。南に行って茅野市街を目指す。

茅野駅

f:id:tsu1204:20160605155016j:plain

「どこかで見たことあるなー」と思って、『茅野駅 撮影』でググってみたところ、井上真央主演の映画『白雪姫殺人事件』のワンシーンに使われていた。記憶ってすごい。微かではあるけど、覚えていたのか。

 

ここから北西に向かう。諏訪湖だ。
ちょうど太陽が雲に隠れてしまったが、これはこれで良いかも。

f:id:tsu1204:20160605155055j:plain

足湯!!そんな走ってないけど入る。

f:id:tsu1204:20160605155120j:plain

 

f:id:tsu1204:20160605155234j:plain

気持ちよすぎる。諏訪湖を眺めながらの足湯。天国か。

f:id:tsu1204:20160605155437j:plain


気が付いたらホテルのチェックインまで1時間。今日の最後の目的地へ急ぐ。

 

ハルピン本店!!ハルピンラーメン!

f:id:tsu1204:20160605155517j:plain

Twitterで友達から「諏訪行くならハルピン食べてみて」と言われたので、ここだけは外せなかった。

 

f:id:tsu1204:20160605155555j:plain


ピリ辛の味噌?スープに中太のちぢれ麺が良く絡む。よくわからないけど美味い!!
諏訪市民だった毎週来るわー。お値段も安いし(650円)。
普段は行列ができるほど混雑しているらしいが、運よく平日の17時過ぎだったので先客は1人だけでした。
いやー、長野来たら絶対また食べますわ。おいしかったです。

茅野まで戻って本日の宿にチェックイン。
テレビの位置が気になるけど、寝るだけなのでいいや(笑)

f:id:tsu1204:20160605155627j:plain

そこそこ走れて、観光も少しできたので充実してました。


1日目終わり。

ロードバイク2年目のスタートに選ばれたのは、ハルヒルでした。

第4回榛名山ヒルクライムに参加してきました。

僕の地元群馬で開催される2大ヒルクライムレースのひとつです。榛名神社以降の激坂がハンパないということでも有名ですね。今では富士ヒルに次ぐ大規模ヒルクライムレースなんだとか。

昨年はロードバイクを始めて半年という節目で「まえばし赤城山ヒルクライム」に参加しました(83分)。そして今回は1周年記念として、このハルヒルに参加することにしたのです!

GWに一度だけ試走をした際は62分。「本番では60分を切れればいいかな~、55分切れたら奇跡。」という感じ。


当日は3時半起床。4時出発。
途中まで送ってもらって、10kmくらい会場まで自走。

ゼッケンは7000番台なのでスタートまでものすごく暇。エキスパートのスタートも見たかったけど、整列場所とスタート地点がかなり離れているので見に行けず。知り合いもいない(基本一人で走っているので)のでストレッチして時間つぶし。

いざスタート位置に移動となった時に突然尿意に襲われるも、途中のトイレに助けられる。
おかげで8000番台でのスタート。


レース自体は快調に進めた。心拍がスタート直後から180台を行き来していたので若干オーバーペースのような気もしたが無視してそのままペダルを回す。辛いところはダンシングでひょいと。もうちょっと登れるようになったら、シッティングのまま行きたい。
その後も自分より少し速いか、同じくらいの人に合わせて淡々と。相変わらず心拍は高めだったけど問題なし。
途中右折して、いよいよ山の中へ向かう直線に入る。試走の時はここでペースを落として休んだけど、レースなので休まず踏む。22km/hくらいで進む。
途中の下り坂も休まず踏む。38km/hくらい出てた。
レースも中盤に入り、徐々に勾配がきつくなる。途中アニメジャージを着た同い年くらいの人が良い感じのペースで登っていたので後ろにつく。
気が付けば榛名神社まで来ていた。あっという間だった。辛いという感覚よりも楽しい。
この先はいよいよ激坂のオンパレード。ここまでだいぶ稼げたので、最後の数百メートルまでは無理せずに登るよていだったが自然と力が入ってしまう。もう行くしかない。
つづら折りも何個か登った後、ついに””あの岩””が目の前に見えた。
沿道では女性の方が「岩だよ!岩ッ!!例の岩!!もうすぐだから!」と叫んでいて思わず笑ってしまった。
そんな岩を通りすぎた後、最後はギアを上げ、精一杯のダンシングでゴール。
ガーミンの表示では54分ジャスト。

『やった』心の中で小さくつぶやいた。

その後少しだけ下って正式なゴール。
””ヒルクライムって楽しい””そう思えた。

少し休憩して速報を見たところ、正式なタイムは『53分28秒』。
目標だった60分を大きく上回っていました。

来年は50分切り、、、いや、5分縮めて48分台を目指していきましょう。


次は赤城山ヒルクライムです。約半年後。この半年でトレーニングを積んで絶対に75分を切りに行きたいと思います。

では