読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩対応の自転車ライフ

AKB48の15期生である込山榛香ちゃんを応援しながら自転車を楽しむ人のブログ(故)

AKB48:久しぶりの劇場公演に行ってきた【テル公演】

こんばんは。
突然ですが、前回の記事のタイトルをみなさんは覚えていますか?

そう、『込山榛香ちゃんの笑顔が恋しい』でした。

込山榛香ちゃんに会いたくて、その気持ちをタイトルにしちゃったわけです。
そしたらですね、実現しました(笑)

ってなわけで早速、今月8日に10周年を迎えたAKB48劇場に行ってきました。


今回は著名人公演の一つ、元サッカー日本代表岩本輝雄が考えた「青春はまだ終わらない」公演(西山怜那 卒業公演)を見てきました。

簡単に事の経緯を整理

12/21 

前回のブログを書いた直後でした。メールボックスに《[AKB劇場]二本柱の会会員枠キャンセル待ち当選のお知らせ》の文字が。

キャン待ち整理番号は36番。「うーん、微妙(笑)何とか行けそう??」という感じ。

f:id:tsu1204:20151225135056j:plain

12/22
キャンセル待ちは徐々に繰り上がり、20番まで購入可能へ。あと少し。

12/23 公演当日
朝起きると30番まで伸びてました。「あと6人!これはイケる!」と入場を確信。秋葉原へ向かうのを決心。
キャンセル待ち当選者として開演30分前にインフォ前へ。
すぐさまスタッフの「これからキャンセル待ち当選者の番号のお呼び出しを始めます。ここにいる全員がチケットを購入できるわけではありませんので、その点はご了承ください。」とのアナウンスが。
自分の番号36はすぐに呼ばれた。無事チケット購入。チケット番号は214。いつも通り抽選入場に参加。

f:id:tsu1204:20151225135104j:plain


てっきり抽選対象外となって最後に””立ち見後方””へ追いやられるかと思ってた。
よく聞く対内・対外がいまだによくわからない。(笑) 

そして運命の抽選入場

やってきました、抽選入場。
会員枠で当選しようと、一般枠で当選しようと、当日早くチケットを買おうと、入場の順番は抽選の運次第。だからキャン待ち当選でもチケットさえ購入して抽選に参加できれば、一発逆転も狙えるということ。


今回の自分はまさにこれを狙っていた。


劇場公演に当選しても、この抽選入場で干されてしまったら元も子もない?と自分は思ってる。実際、初めて劇場公演に当選したときは抽選で準優勝してしまったため立ち見後方だった(笑)今でも劇場に来ると当時の記憶がフラッシュバック(´;ω;`)

 

そして今回。
1巡目、、、120番台


2巡目、、、200番台←うおおおおお、一つ前の組!!あと少しキャン待ち番号が早ければ!!


3巡目、、、220番台←うわあああああああ、後ろの組!!!なんてこった(´;ω;`)前後の組が一気に入場してしまうという(;^ω^)


4巡目、、、110番台(たぶん)←なんか固まってるな~「やっぱり奇跡は間に合わない、か??」

 

 

続いて5巡目。良席を確保するにはここまでに入場しておきたい、、、、、

誰もが唾を飲んだ、その時ッ!!!!!ついに時は満ちたッ!!!!


5巡目、、、「210番台のお客様~」、、、、、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

200番以降のオンパレード!!キャン待ちからの逆転?キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

まさかここで来るとは!!

200番以降が固まって呼ばれていたので、半分諦めて後半に呼ばれることを意識し始めていた矢先の出来事。

胸の鼓動が一気に高まる。

アタマはすぐさま席取りモードへ!(笑)

いざ!入場! 

半年ぶりの劇場内へ

先日10周年を迎えた劇場。柱に貼ってあるピンクのテープも10本になっていたはずだが、それを見ている余裕はなかった(笑)

 

劇場内を見た限り中央ブロックは前の巡で入っていた人たちと遠方・カップル・ファミリー・女性などの指定席で埋まってることを確認。

となると、下手か上手の2列目以降。どちらも行ける。
あとは推しメン(込山榛香)が下手と上手のどっちに来ることが多いのか、これが重要ポイントだった。
しかしテル公演なんか予習もしていなければ出演メンバーすらロクに覚えていない!
誰がどこの位置によく来るかなんて知らねえ、、、。

ということで込山榛香(以下こみはる)が下手にたくさん来ることを祈って、下手2列目花道寄りを確保。
2列目ということでステージとの距離感は申し分ない。(立ち見でも大箱の最前みたいなもの)。誰もが羨む位置であることは間違いないが、一度劇場の最前を体感してみたさはある。今回はの花道も近いし、手を振ればレスは余裕そう。


席に座りしばし休憩。

この待ち時間が意外と好きだったりする。これはコンサートでも同じ。
いったん公演やコンサートが始まってしまうと、あとは終演に向かうだけでなんだか切ない。
だからこうして開演を待っているときは、余計にワクワクしてしまう。


しばらくして影アナ。
どうやら始まるようだ。

「青春はまだ終わらない」開演

Overtureは久々。5カ月ぶりくらい(笑)

まず1曲目は、バラの果実。
こみはるは上手メインでなかなか下手には来てくれず(´;ω;`)
下手によく来てくれたのは川本紗矢ちゃん(以下さやや)
パフォーマンスがかなり良いという声をしばしば耳にする子。詳しい振付とか表情は普段から見ているわけではないので何とも言えなかったが、思っていた以上にかわいかった(笑)(/ω\)
真剣な表情はグッときました←素人目線、、、

そして2曲目。さよならクロール
ここからこみはるがよく下手に来てくれるように。
うーん、やっぱりかわいい(*´ω`*) 前よりも髪の毛が明るくなった?けどね(笑)前髪も流してて、かつての可愛い系から美人系にシフトしつつある感じ。
さよクロのサビの部分のサーフボードを意識したフリがすごく良かったなあ。単純にかわいかった。

3曲目の真夏のSounds good!、4曲目のラブラドール・レトリバーでは花道にも来てくれて、思わず手を振ってしまった(笑)
もちろんこみはるは振り返してくれたし、この時点でもう満足(*ノωノ)

そのあともひたすらこみはるを目で追い続ける時間が続く。本当に幸せすぎた。
団扇持って来れば良かった、と後悔、、、。

 

とこんな感じで始まって行きました。
全部書くのも面倒だし、とりあえず箇条書きでまとめます。

まとめ

  • こみはるをたくさん見られて幸せだった&手も振り返してくれてレスも回収
  • 大和田南那ちゃんの衣装が少しきつそうだった(笑)でも顔はマジで可愛いんだよなあ。よくアイドルはテレビで見るより生で見た方が可愛いっていうけど、なーにゃは違う感じもする。テレビで見るあの可愛さがそのまま目の前にいて少し戸惑う(笑)
  • 西野未姫ちゃんの髪の毛がツヤツヤすぎる(笑)あとレスがやばいし、最前の客とかをものすごく煽ってくる。本当に劇場公演を楽しんでるのが伝わってきて、見てるこっちも楽しませてもらった。他のメンバーよりも、頻繁にお客さんを見ていてどんな人が来ているのかを細かに確認しつつも、ダンスは全力。その全力の中にも丁寧な部分があってすごく印象に残った。あとは1年前の全ツ神奈川で見たときよりも大人っぽくなってた。
  • テル公演自体はシングル曲が多くて、コアなファンじゃなくても十分楽しめる印象。
  • 中田ちさとさんが思いのほか美人だった。ゆあみって子も可愛くなってた。
  • いずりなと中西ちよりはいい感じでMCでも笑わせてくれた(笑)


このくらいですかね~。


終演後のお見送りではこみはるからお決まりの服へのひと言をいただく。
「あっ、クリスマスだ~」
トナカイっぽい柄のニットだったのでたぶんそのこと。
たとえお世辞だったとしても、お見送りで何かひと言をもらえるとうれしいものだ。


年末に良い思い出が作れて良かった。

f:id:tsu1204:20151225135107p:plain

アンケートはこんな感じ(笑)

 

f:id:tsu1204:20151225135929j:plain