読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩対応の自転車ライフ

AKB48の15期生である込山榛香ちゃんを応援しながら自転車を楽しむ人のブログ(故)

ハルヒル試走(フルコース)

とあるチーム練に混ぜてもらいハルヒルの試走に行ってきた。

フルコース14kmを走るのは昨年の2016年大会以来、2回目。先週登ったヤビツ峠が今年は最長の10km・6%だったのに加えて、榛名神社の手前とそれ以降に待ち構える””激坂のオンパレードラスト3km区間””が昨年からトラウマで、距離的な問題と経験不足から正直最後まで走り切れるか不安だった(笑)

 

初心者ゴールまでは一緒のグループの人に引いてもらったことで、かなり楽に進めた。経過タイムは18分フラットと、1ヶ月ほど前に単独で初心者ゴールまで走った時よりも5秒ほど遅れているが、疲労度は段違い。L3ペースでかなり余裕があった。息も上がらず上半身も安定している。

初心者ゴールから神社までの中盤はいつもの単独TT感覚で。一旦前を走っていた人に逃げられてしまったが焦らずマイペースに登る。その後、先ほどとは別の前を走っていた45分切り組に少しだけ食らい付こうとペースを上げて一瞬追いつくも直後の下りで離される。そして神社も近くなった激坂(最大勾配??)区間で最初に逃げられてしまった人に追いつき、追い抜く。ストラバで言えば「ハルヒル中盤戦」5km、6%区間だ。タイムは16分17秒。

神社以降は36-28のギアをメインにつづら折りだけシフトアップしてペースを上げる。平均勾配10%を超える区間がしばらく続く場合、それまでのようにハムストリングだけでなく大四頭筋も総動員して前乗りで踏まないとダメだと分かった。

最後は特にスプリントなどはせずに黙々とゴール。

タイムは48分43秒。4.4w/kgくらい。

 

昨年の大会が53分半だったので約5分ほどの短縮。良くて50分フラット程度だと思っていたので予想外。

とてもじゃないが一人でハルヒルの試走なんてキツくてやりたくないので、今回は本当に良い機会になった。

今回の試走で48分台が出たということで、本番では47分切りの46分台に乗せることを目標に設定。